山と森と海と

富山の山と森と海そして美味しいものを求めて走ってます

昔でいえば豪農、今でいえばセレブのお宅訪問【富山:内山邸】

良く晴れた連休中日。
minimal1991さんの記事で知った内山邸に行ってみようと思いつきました。
皆様のおかげでやりたいことが日々増殖しております。
ありがたいことです。

www.minimal1991.com
もう、梅は終わっちゃったかもしれないけどお宅訪問だけでも面白そう!

富岩運河環水公園の駐車場に車を停め、途中一軒だけあるパン屋さんでカレーパンを購入し内山邸へ・・・。
往復約10kmのお散歩です。

f:id:toyamayama:20200322045539j:plain

公園の桜は今にも開きそうですね。
あと2,3日ってところでしょうか。

f:id:toyamayama:20200322045554j:plain

f:id:toyamayama:20200322045608j:plain

富山北大橋の橋の上から。
のどかで気持ちのいい風景です。

f:id:toyamayama:20200319133045j:plain

途中、路地やお宅の庭に咲く花などを愛でながらてくてく。

f:id:toyamayama:20200319124824j:plain

あ、つくし!
桜はまだだけど春はそこまで来ていますね。

この後、パン屋さんで「カレーパン」を買いました。
それについてはまた後日。

f:id:toyamayama:20200322050934j:plain

神社がありました。
「牛ケ首神社」なんて横溝正史の小説に出てきそうなおどろおどろしい名前。
由来を見てみると・・・

かつて神通川下流の左岸一帯は、頻繁に起こる氾濫のために土地が荒れ田畑に適さない土地であった。そこに用水を通して新田を作ろうとしたのは寛永元年(1624年)のことである。工事はなかなか進まず、作業の者の士気を下がっていくばかり。そのような時、事業の責任者となっていた八町村善左衛門の夢枕に神が立ち「牛の首を埋めよ」と告げた。何一つ疑うことなく善左衛門は牛の首を斬り落とすと、夜陰にまぎれて工事現場に赴き、その首を埋めて何食わぬ顔で帰宅したのである。

げっ!ほんとに牛の首を斬り落としたことからじゃないですか!

f:id:toyamayama:20200322050951j:plain

見事な大木です。

f:id:toyamayama:20200322051008j:plain

牛の首様に祈願して先に進もう。

f:id:toyamayama:20200322051911j:plain

内山邸に着きました。
おぉ大きい!セレブや~!

入ってすぐに巨大な桜の木があります。
咲いたらさぞかし綺麗でしょうけれどまだ蕾でした。

案内の方に聞いたところ、「梅が少し前に終わり桜が来週ぐらいに花開くちょうど境目ですね。残念ながら・・・」と言われました。
(ˉ ˘ ˉ; )

絶妙にはずしたタイミングで来るところが私らしい・・・
(╥_╥)

f:id:toyamayama:20200322051931j:plain

それでも、しだれ桜を見ることができました。
v(。・ω・。)ィェィ♪

f:id:toyamayama:20200322060054j:plain

梅も少しだけ花が残っています。

f:id:toyamayama:20200322051949j:plain

名前はわかりませんが真っ白な花が満開。(たぶんスモモ)

倉がいくつもあり、当時から残されている農具や文献も展示されています。

f:id:toyamayama:20200322052002j:plain

代表する花は見事にはずしましたが充分春を感じることができたので、これはこれで良しとしましょう。

f:id:toyamayama:20200322052013j:plain

公園まで戻ってきました。
さあ、カレーパン食べよう!

f:id:toyamayama:20200322060112j:plain

今日もたくさん歩けました。


--------------------------------------------------------------------------------

ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常 ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
 
--------------------------------------------------------------------------------