山と森と海と

富山の山と森と海そして美味しいものを求めて走ってます

今年初!雪が無いので山登ってきました!【富山:小佐波御前山】

あと出し「晴れ女」

今年は雨ばかりで雪がぜんぜん降りません。
この雨が雪ならば相当積もっているはずです。

f:id:toyamayama:20200120042606j:plain
今年初の山歩き。
雪の季節は無理だとあきらめていたけど普通に行けそうです。
一応、念のためアイゼンは持参して登るは「小佐波御前山」。
自宅から車で約30分の里山です。

「おざなみごぜんやま」と読みます。
標高は754mと低いのですが、山体が大きく平野部の裾から直接登るため登り応えはありそう。

そして今日は久しぶりの晴れ。
なんか週末になると晴れます。
わたくし「晴れ女」なのかしらん♪
違うな。
晴れたから来たんだもの。
ジャンケンでいえば「あと出し」だよね。

シューズにするか長靴にするか悩む

雪が無いからトレッキングシューズでよさそうだけど雨で水たまりやぬかるんでいることを考えるとトレッキングブーツのほうがいいかも。
悩んだ時は他の登山者をチェック。
あら、他の方もシューズと長靴の半々だわ。
うーん。迷ったすえブーツに決定。
これで頂上に雪があっても平気!

 

【猿倉山】いきなり長〜い階段登り

f:id:toyamayama:20200120042631j:plain
猿倉山森林公園キャンプ場の駐車場に車を停め、標高345.2mの頂上まで約440段の階段登り。
準備運動にはちときつ過ぎる。

【風の城】山の上にある宇宙基地?

f:id:toyamayama:20200120042641j:plain
そして頂上には「風の城」と呼ばれる不思議な建築物が・・・
展望台のようですが奇抜なデザイン。

f:id:toyamayama:20200120042701j:plain

f:id:toyamayama:20200120042712j:plain

山間を流れる神通川富山平野が一望出来ます。

ここから「御前山」→「獅子ヶ鼻」→「小佐波御前山」まで行って戻ってくる約10kmのコースです。

f:id:toyamayama:20200120042726j:plain
熊がいる山なので熊鈴とプレイリストの音楽を鳴らして行きます。
最近聴いているのはトーンズ・アンド・アイの「Dance Monkey」とかポスト・マローンとかビリー・アイリッシュ
ちょっと山の中ではダークかな。

f:id:toyamayama:20200120042737j:plain
少し雪が増えてきました。
やっぱり長靴にして良かった。

【御前山】これって誰が遊ぶの?

f:id:toyamayama:20200120042750j:plain
御前山の山頂に到着。
ブランコと巨大な遊具があるけど誰が遊ぶんだろ?
この程度なら子供でも楽に登って来れるだろうけどわざわざここ来て遊ぶかは疑問。
案の定、使われてなさそうな遊具はサビサビでした。

ちっとも晴れて無いじゃないかって思うでしょ。
富山では雪や雨じゃなければ「晴れ」なのです。

f:id:toyamayama:20200120042800j:plain
だいぶ雪が増えてきました。
これでも今年は極端に少ないんです。
例年なら膝近くまで積もりラッセルしながら歩かなければなりません。

【獅子ヶ鼻】無理!怖すぎ!

f:id:toyamayama:20200120042812j:plain
ああ、これが皆さんが崖の上で撮影されている獅子ヶ鼻ね。
切れ落ちる崖の上にせり出した岩場です。
下をのぞき込むと吸い込まれそう。
こんな崖の上に登るなんてぜったい無理!
山には登るけど高所恐怖症なのです。
崖の手前からの眺望でお許しを・・・

カップルが崖の上で自撮りしてました。
撮影を頼まれ、だいぶ手前からで勘弁してもらいました。
ごめんね。

f:id:toyamayama:20200120042827j:plain
急登な個所は無いものの長く続く登りが体力を奪っていく。
久しぶりに「ひいひい」状態です。

f:id:toyamayama:20200120042842j:plain
里山でもさすがに高度が上がると雪があります。
5cmぐらいかな。足首までもいきません。
雪がやわらかいので滑らず、下りでは逆にストッパーになって歩きやすい。
雪の無いぬかるみのほうが滑りました。

【小佐波御前山】登頂!山ごはんはおあづけ

f:id:toyamayama:20200120042907j:plain
今年の山歩きの第一登頂です。
この時期はこういう山小屋があるのは嬉しい。
中にはすでに2組の登山者の方がいらっしゃいました。

f:id:toyamayama:20200120042919j:plain
いつもならここで「山ごはん」といきたいところですが正月と度重なる食べ歩きで増えた体重を絞らないと・・・
行動食のチョコバーのみにします。

【神通峡春日温泉】下山後のお楽しみ!

f:id:toyamayama:20200120042938j:plain
猿倉山駐車場から車で5分。
温泉にきました。
「神通峡春日温泉 ゆ~とりあ越中」さんです。

www.yu-toriaettyu.co.jp

f:id:toyamayama:20200120042952j:plain
雪は無くても気温は低いので冷えた体に沁みるわー。
この温泉は、マイナスイオンが豊富な天然泉質で疲労回復を促し、外傷治癒・肌あれ防止・血行促進・新陳代謝などの美肌効果もあります。
露天風呂とジャグジーで張った筋肉をほぐします。

f:id:toyamayama:20200120043005j:plain
風呂上がりのアイスは最高!



ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常 ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
 

うん十年プログラマーやってます!おすすめ勉強法

f:id:toyamayama:20200117083452j:plain
マニュアルは仕事上しかたなく読みます。
でも分厚いマニュアルを読破してもたぶん半分はよくわからないまま。
なのでまずは大見出しだけざっと読んでおきます。
これは後で調べたい時にそういえばマニュアルに書いてあったなーと思い出すため。

f:id:toyamayama:20200117083838j:plain
自分が作りたいプログラムと目的が似ているオープンソースを探します。
オープンソースとは、優しい方がソフトウェアのソースコードを公開してくれること。
その目的は自らの営利だけでなく、プログラミングの未来をより良いものにすることなんですって。
なんて神々しい!

だいたいそういう神のような方が書いているオープンソースは美しい仕上がりになっています。
そのソースを一行づつ分析してどうしてここにこのコードが必要なのかを理解していくとパズルのようにすべてがハマることがあるんです。
これが快感・・・

COBOL(ふるっ!)の頃からやっている勉強法です。
その頃はネットなんて無かったのでひたすら先輩のコードを解読していました。

でも、同じ方のソースコードばかりで勉強しているとできたプログラムが似てしまうのでご注意を。


ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常 ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
 


はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ

自分への戒め!ランニングですっ転ぶ

f:id:toyamayama:20200115082136j:plain
毎日、サンタ(ゴールデンレトリバー)と軽いランニングをしています。
いつもは遅いスピードに合わせてずっと横を走ってくれる優しい奴。
それに甘えて油断していました。

路地からイヌ友の柴犬が来ていたことに気づかず、サンタが突然猛ダッシュ
引っ張られて思いっきりすっ転んでしまいました。

走っているとなおさら踏ん張りがきかず、肘と膝を擦り剥き、腕の筋を少し痛めたようです。
予測不能な生き物だってことをすっかり忘れてた。

彼はというと「今日は転がって遊ぶの~」とばかりにじゃれまくり舐めまくり。
痛いやら恥ずかしいやら・・・

f:id:toyamayama:20200115083732j:plain
見上げると空には虹が出ていました。

慢心は禁物だということを戒めの為、ブログに残します。


ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常 ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
 

ひとり焼き肉でびゅ~!ゴージャスな外観にビビる【富山:焼き肉ハウス大将軍】

おひとり様で立ち飲み屋まで行っていながらなぜか焼き肉屋さんは初めて。
焼き肉ハウス大将軍さんです。

f:id:toyamayama:20200115132949j:plain
1987年に創業した富山県を代表する老舗。
富山市内には富山駅前店、大泉店、桜木店の3店舗あります。
家から近い大泉店に来ました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
焼き肉ハウス大将軍 大泉店
富山県富山市大泉東町1丁目4-14
営業時間
ランチ11:30~14:30(LO14:00)
ディナー17:00~23:00(LO23:00)
定休日-月曜日
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

f:id:toyamayama:20200115133006j:plain
うわ、ゴージャス。
大丈夫かなぁ。
一応、HPでチェックしてきたけど高かったらどうしよう。

f:id:toyamayama:20200115133248j:plain
案内された席は4席ほどのカウンターで個室のような作りになっています。
内装はシックでまるでカフェかバーのようです。

f:id:toyamayama:20200115133526j:plain
メニューはタブロイドでタッチするシステム。
ドキドキしながらランチメニューを拝見。
ほっ、わりとリーズナブルじゃないですか・・・

f:id:toyamayama:20200115133920j:plain
こちらが「上ハラミ定食1.200円」 上ハラミ・ご飯・サラダ・味噌汁のセットです。
他にも特上焼肉定食2.500円・将軍カルビ定食は1.150円などの定食メニューがあります。

f:id:toyamayama:20200115134306j:plain
炭火です。
上部の煙突で煙を吸うので服に匂いがつきません。

f:id:toyamayama:20200115134529j:plain
柔らかくて美味しい。
昔はカルビ派だったけど今は断然ハラミだわー。
カルビよりあっさりしてるけど旨みたっぷり。
肉食べると力が湧いてくる。
よし!これで午後も頑張って仕事するぞ!

ひとり焼肉っていいわー。
食べたいタイミングで焼けるし、焼く作業に集中出来る。
なんでもっと早く来なかったんだろう。

f:id:toyamayama:20200115132134j:plain
鍋とか焼き肉って誰かと食べるって固定観念があったのよね。
そういう固定観念が行動を狭めてる。
なんでもありってことに最近気付いちゃったのでこれからは冒険しよう!


ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常 ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
 

積極的に動き出したら物欲が戻る

今週のお題「二十歳」

ご成人になる皆様、おめでとうございます。

今日から成人って言われてもピンと来ないですよね。
自分も大人の自覚が無いまま年を重ねてきてしまいました。
そして、大人になるってことをつい最近まで勘違いしていました。

f:id:toyamayama:20200110133521j:plain
ここ数年、消極的な生活を送っていました。
引きこもりとまではいかないまでも仕事と家を往復するだけの刺激の無い生活。
それを「落ち着いた」「大人になった」と勘違いしていました。
物欲も無くなり「これも成長したってこと」とどちらかというと良いことと思っていたんです。

f:id:toyamayama:20200112104806j:plain
去年から人生感を一変させアクティブになったところ、物欲が復活してしまいました。
物欲って「はしたない」とが「恥ずかしい」とかマイナスイメージですよね。
はたしていけない事なのでしょうか?

ミニマリストが称賛されている今、逆行しているようですが「物欲」は生きる活力になると思っています。
生きている実感が欲しいからやりたいことが生まれ、やりたいことがあるから欲しいものが生まれる。
物欲が戻ってきた今のほうが毎日にハリがあるような気がしています。

成人の皆さんもこれから先、人生の岐路に立つことがあると思いますが周囲に振り回されずに自身の中から湧き出る声に耳を傾けて下さいね。
答えは必ずそこにあるはず。


ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常 ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
 

能登半島に島があるって知ってる?自然と芸術とイルカが棲む島【石川:能登島】

その名も「能登島

f:id:toyamayama:20200112042917j:plain
富山に来るまで知りませんでした。
しかも一周72kmもある結構大きな島なのです。
その名も「能登島」。
島へは「能登島大橋」か「ツインブリッジのと」のどちらかの橋で渡ります。
ひとりドライブで島めぐり。
良いところだと聞いているので楽しみ。

「ツインブリッジのと」から能登島に入り、ぐるっと周って「能登島大橋」から帰路につきます。

【ツインブリッジのと】能登島への玄関

f:id:toyamayama:20200112042935j:plain
全長620mの美しい吊り橋です。
橋の手前(能登半島側)に公園があり、展望台がありました。
ここから能登島に入ります。

【ガラス美術館】なぜ能登島に?

f:id:toyamayama:20200112042951j:plain
富山もガラス工芸が盛んでガラス美術館があります。
それは、売薬の「富山のくすり」で薬瓶を作っていたからといわれています。
着々とガラスの街へと発展してきました。

では、なぜ石川県の能登島にガラス美術館があるのでしょうか?
それは、ベネチアンガラスがベニスの向かいにあるムラノ島で作られていたから能登半島に浮かぶ能登島に作られたそうです。
隣県でいつも石川県民に下に見られている富山県民からすれば「えっそんな理由?」と思ってしまうのは仕方のないこと。

f:id:toyamayama:20200112043006j:plain
高台にある美術館は眺めも美しい。
今日は北陸にしては珍しく良い天気になりました。

f:id:toyamayama:20200112043020j:plain
展示作品は撮影禁止なので美術館の窓の外を撮影。
日本海は暗いイメージだったけど能登島の海の色は鮮やかなブルーで南の島に来たみたい。

富山のガラス美術館はインパクトのある色鮮やかな大作が多いのに対してこちらの美術館は国内外の現代作家の芸術的なしっとりとした作品が多い気がしました。
特にピカソシャガールジャン・コクトーなど20世紀の芸術家たちのデザインをもとに、ヴェネチアのガラス工房で制作された造形作品は面白い。
絵画に描かれた平面なデザインがガラスの立体造形で表現するとかわいいゆるキャラのよう・・・

【イルカウォッチング】イルカはいるか?

f:id:toyamayama:20200112043531j:plain
能登島に棲みついた野生のイルカがいるそうなのでいちかばちか来てみました。
案の定、この寒い時期にいるわけないか。
どこか暖かいところに旅行してるわよね~。

f:id:toyamayama:20200112043553j:plain
イルカウォッチングの注意書きの看板がありました。
本当にいるってことね。
暖かくなったらまた来よう。

f:id:toyamayama:20200108074053j:plain
能登島観光協会のサイトからフリー写真を拝借。
こちらを見ているのは、イルカの赤ちゃんです。

【 伊夜比咩神社国(いやひめじんじゃ)】女を磨きたい方はぜひ!

f:id:toyamayama:20200112043803j:plain
伊夜という意味には、素晴らしいという意味があるので、素晴らしい女性の神社という名前になります。
この伊夜比咩神社は、延喜式神名帳(927年)に記載されている由緒ある神社です。
素晴らしい女性の神社であれば少しでも素晴らしい女性になれるようあやかりたいところ。
神妙にお参りさせていただきました。

【お土産】ぷりぷり 能登牡蠣

f:id:toyamayama:20200112043817j:plain
じわじわとブランドになりつつあります。
能登牡蠣はとても綺麗で甘みがあり特に12月頃から身も大きく旬を迎えます。
今回の能登島めぐりはここで牡蠣を買うことを第一の目標にしておりました。

今晩はこのぷりぷりの牡蠣をつまみに・・・
ってお酒やめたんだった。
ごはん食べよ。

【お食事処 みず】これぞ漁師町の食堂!

f:id:toyamayama:20200112043933j:plain
外観を見たときは正直引きました。
おひとり様を極めるにはここで躊躇していてはと勇気をふりしぼり突入!

f:id:toyamayama:20200112044155j:plain
メインの定食と好きな小鉢3つ選べるシステム。
ご飯と味噌汁はセルフです。
メインは日替わりのあら煮にしました。
小鉢はサラダから煮物、漬物までたくさんの種類があり迷いに迷って卵焼き、春雨サラダ、かぼちゃの煮物をチョイス。
この量で500円。
女性ひとりの客は珍しいらしくおばちゃんがサービスして盛ってくれたみたいだけどそれにしても安すぎる〜!

最近はこういう地元の人が通う「ザ・食堂」みたいなのに惹かれる。
漁師町のお母さん達が作る定食は優しい味がしました。

f:id:toyamayama:20200112044527j:plain
能登牡蠣の炉端焼きが一個130円。
食べるっきゃない!
殻剥き用の軍手とナイフ付き。

能登島大橋】水族館に行けなかったのが残念

f:id:toyamayama:20200112044554j:plain
楽しいドライブでした。
能登島の全ては1日では無理です。
のとじま臨海公園水族館」「道の駅のとじま交流市場」「須曽蝦夷穴古墳」などのまだまだ行きたいところも残してあるのでまた来ます。
次こそはイルカに会いたい!



Trip-Partner[トリップパートナー]
トリップパートナー



ぷらたび
ぷらたび


ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常
ゴールデンレトリバー
サンタのお気楽な日常
ビビりでおとぼけなわんこの日々♪


よろしかったらポチっとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガール

富山あるある「無い・少ない」編

今回は富山に移住して感じた「無いの?」「少なっ!」あるあるです。
違っていたらごめんなさい!

【太った人】なんと肥満率最下位!

f:id:toyamayama:20200108072420j:plain
「47都道府県 ニッポン健康大調査 第7弾!2019年度版 肥満要注意ランキングを発表」によると富山県は47位。
すなわち最も太った人が少ない県ということになります。
確かに見かけませんね。
朝食をしっかり食べ、間食習慣も全国3位と、とにかく食事に気をつかっている方が多いのでは。

車社会だから運動不足の人が多いと思われがちですが、公園やウォーキングコースが多くランニングやウォーキングをされている方をよく見かけます。
行政もウォーキングアプリで歩いた距離だけポイントが貯まり抽選で豪華賞品が当たるなんていう健康への取り組みも行っています。

prtimes.jp

元気とやまかがやきウォーク|とやま健康ラボ
f:id:toyamayama:20200107134636j:plain

地震】なぜ揺れが少ないのか

f:id:toyamayama:20200108072438j:plain
すごく少ないと思います。
富山に移住してから体に感じた地震はほぼ無いと言ってもいいくらい。
2014年には隣県の長野県で震度6弱地震がありました。
しかし、富山県はというと震度3。
場所によっては震度1だったのです。
自分も揺れを感じませんでした。

「なんで?」とまたまた調べずにはいられない虫がざわざわ。
立山連峰が関係しているらしいです。
活火山の地下のマグマだまりが地震の波を吸収して富山県まで波がやってこない説が有力みたい。
ま、はっきりしたことは現在の調査ではわからないらしいけどとにかく立山連峰に守られているのねぇ。
あらためて、ありがたや~。

【太平洋の魚】日本海の魚はきときと

f:id:toyamayama:20200108072452j:plain
カツオのたたきが好きで東京ではよく作っていました。
富山のスーパーでもたまに見かけますが生ではなくすでに炙ったものがほとんどです。
カンパチやサワラもあまり見ないな。
そのかわり、日本海きときとのお魚が手に入るので自然とそちらにシフトしました。

【チェーン店】なぜ無いデニー

f:id:toyamayama:20200107140401j:plain
他県ではポピュラーでも富山には無いことがあります。

ラウンドワン
富山県の条例で午前0時以降のゲーセン、ボーリング等の営業が禁止されているからかな。

デニー
なぜかデニーズが無い。
なんでだろ。

バーミヤン
高岡市にはありますが、富山市にはない。

2年ぐらい前まではセンブンイレブンもありませんでした。
あっという間に勢力を広げ、我が家の近所にも数店あります。

【酔っ払い・浮浪者】居酒屋もファミレスのよう

f:id:toyamayama:20200108072509j:plain
富山県は全国一、生活保護率が低いのです。
家や土地を持っている世帯が多いので、その分生活も安定しやすいのではないでしょうか?
また、工業が発達している地域なので、雇用も地方にしては良いのでは。

繁華街へ呑みに出かけても酔っ払って絡んだりぐだぐだになっている人をほとんど見かけません。
皆さん、お行儀が良いのです。
女性だけでも安心ですよ。

たぶん、まじめで勤勉な人が多いのだと思います。
その分ちょっと面白みに欠けるかもしれませんが・・・

【快晴の日】山は試練も与える?

f:id:toyamayama:20200108072521j:plain
都道府県別快晴ランキングで見ても快晴の日数は少なくいつもワーストから数えたほうが早い。
特に冬場は悪天候の日が多い。
北から来た雨雲や雪雲は立山連峰にぶつかり富山で雨や雪をおとし、乾いた暖かい空気が関東に流れます。
関東が快晴なのは富山のおかげなんだからねっ!

【TVのチャンネル】

f:id:toyamayama:20200107140620j:plain
富山市で視聴できる地上波テレビは、NHK・日テレ系・TBS系・フジテレビ系です。
テレ朝とテレ東は映りません。
どうしても見たければケーブルTVという手もありますが・・・

じゃあ、「アメトーク」とか「ポツンと一軒家」とか見れないわけ?
って思うでしょ。
そんなことありません。
人気の番組は少し遅れて土日の昼間か深夜に別の系列局で放送されます。



Trip-Partner[トリップパートナー]
トリップパートナー



ぷらたび
ぷらたび


ゴールデンレトリバーサンタのお気楽な日常
ゴールデンレトリバー
サンタのお気楽な日常
ビビりでおとぼけなわんこの日々♪


よろしかったらポチっとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガール